アウトプット

超わかりやすいブログ目次の作り方【RTOC】

こんにちは、いろはです。

WordPress「JIN」でブログを書いています。

記事を書く時は目次を入れるのがオススメです。

目次にはこんなメリットがあるよ!

  • 記事の見やすさがアップ
  • 読者が欲しい情報を探しやすい
  • プラグインで全自動!記事作成の時短に

作り方は簡単。10分で終わります。

  1. プラグインを入れる
  2. デザインや仕様を設定する
  3. 記事を書けば目次が自動生成される

これだけ。

本記事では最初の設定から記事の完成まで、画像つきで解説していきます。

プラグイン導入から記事完成まで

プラグインって何ですか?

WordPressの拡張機能のこと。

車でいうとカスタムパーツです。

さっそくですが本題です。

JINを使っているなら、目次プラグインはRTOCがおすすめです。

なぜならJIN制作者のひつじさんが作ったプラグインだから。

JINならブログのテーマカラーを反映して目次デザインを自動設定してくれます。

もちろんJIN以外でも使えるし、自分で好きにカスタマイズすることも可能です。

RTOCはJINとの相性バツグン!

プラグインを追加する

まずは目次を作ってくれるプラグインを入れましょう。

初心者でも簡単にできます。

①プラグインの追加画面を開く

WordPressのダッシュボード、左メニューから

  1. 「プラグイン」⇒「新規追加」をクリック

②検索してインストール⇒有効化

  1. 検索窓にRTOCと入力
  2. 「今すぐインストール」をクリック
  3. 「有効化」をクリック

これだけです。楽勝!

③有効化をし忘れた時は?

画面変えちゃって有効化が押せない>< って人は

  1. 「プラグイン」⇒「インストール済みプラグイン」をクリック
  2. RTOCの「有効化」をクリック

いつでもオン・オフの切り替えができるよ

デザインや仕様を設定する

ダッシュボードに「RTOC設定」というメニューが増えているのでクリックします。

メニューがない場合はWordPressにログインし直してみましょう。

右側のLive Previewが「実際こうなるよ」ってサンプルです。

Live Previewを見ながら調整するよ

基本設定

そのままでOK!

「目次を表示させるページ」のチェックは外さないで下さい。

私はタイトルを「もくじ」ってひらがなに変えてます。

デザイン設定

タイトル表示設定は左寄せの方が見やすいです。

それ以外は自分のお好みで。

プリセットカラー設定

迷ったらJIN ColorのままでOK

ブログのテーマカラーを反映して、自動でいい感じに色設定してくれます。

カラー設定

JIN Color以外を選んだ人は、細かな色調整ができます。

あまり触らなくてOKです。

応用設定

そのままでいいと思いますが

  • 目次に戻るボタン⇒ON
  • 目次のデフォルト表示設定⇒最初から表示させる

にしましょう。

読者の利便性があがります。

保存する

「変更を保存」をクリックします。

これで終わりです。

ながながと説明しましたが・・・

ぶっちゃけ、ぜんぶ初期設定でいい

目次は自動生成!挿入作業はいりません

以上、おわりです。

え?挿入方法は?

いりません。

見出しを拾って、目次が自動生成されます。

目次は「記事のなかで1番最初の見出しの上」に入ります。

記事作成の画面では目次が表示されません。

「投稿直前」の「プレビュー画面」で確認しましょう!

2記事目からは、何もやることがありません。

記事に集中する時間が増やせる!

自動化バンザイ!

目次を入れるメリット

そもそも目次とかいらないんじゃね?という声もありますが

目次は絶対に入れた方がいいです!

読者の時短になる

「知りたいことが、あるかどうかも分からない記事」をよむ人は少数派です。

目次があれば

  • 欲しい情報があるか、の判断が一瞬
  • 知りたい部分にワンクリックで飛べる

例えば本を買うとき、本屋で探すよりAmazonでポチる方が早いですよね?

  • 目次がない記事⇒本屋さん
  • ある記事⇒Amazon

そんなイメージ。

読者の時短をサポートしよう!

見やすい記事になる

「画像を適度に使え」というのはよく聞きます。

文字だけだと「うっ!」となる人が多いからです。

目次にも、吹き出しや画像と同じ効果があります。

パっと見、だいじです

目次を作る時のコツ

ポイントは2つです。

  • 見出しだけで書いてることが分かる
  • 短い記事ならオフにする

見出しだけで書いてることが分かる

見出しがそのまま目次に自動反映されるので、とても大切です。

あなたが調べものをする時、どうしますか?

  1. 困りごとがある
  2. ググって、ページを開く
  3. 冒頭と目次あたりまでを流し読み
  4. 中身を読む or 離脱

だいたいこんな感じだと思います。

つまり導入部分と目次でキャッチできないと、離脱です/(^o^)\

あとSEO対策にもなります。

短い記事ならオフにする

「基本設定」⇒「見出しが個から表示」の数で調整できます。

短い記事なら目次はむしろ、ない方がいい場合もあります。

明確な基準はないですけど、1000文字ぐらいならいらないかな?

読者にとって便利な方を選ぼう

まとめ:目次は自分も読者もうれしい

目次の作り方を解説しました。

自分も読者もメリットがあるなら使わない手はないですね。

  • 記事の見やすさがアップ
  • 読者が欲しい情報を探しやすい
  • プラグインで全自動!記事作成の時短に

目次は補助ツールです。時間をかけるのは本末転倒!

余談ですが私は初記事で、目次を入れるのに2時間かかりました。

挿入ボタンないし、プレビューでも見れない。ググっても答えが見つからない・・・なんでぇ!?(´;ω;`)

公開する直前まで進めないと見れないのを知らなかった・・・(パーマリンク設定がキーなのかな?)

2時間あれば、けっこう記事書けますよね・・・

自分と同じようなヘマをする人が減ればいいな~

と思って、この記事を書きました!(そんな人おらんかもしれんけど。。)

学んだこと⇒分からない時はいったん妥協して、さっさと記事あげろ。

それではまた~(*’▽’)ノシ