イラスト

【イラストの基本】レイヤーの分け方、管理方法を解説

レイヤーって、どうやって分ければいいの?

こういった疑問にお答えします。

どーも、彩葉(いろは)です。
イラストレーターになってから、10年以上たちました。

デジ絵で、まず最初に覚えたい機能がレイヤーです。

レイヤーを使うと、以下のメリットがあります。

  • 色や線が、はみ出ない
  • パーツごとに動かせる
  • 線画の色変えがラク
  • やり直し、修正が簡単

この記事で解説する機能だけで、同人から仕事絵まで対応できます。

難しくないので、ぜひマスターしてください。

レイヤー分けをしない「厚塗り」という描き方もあります。

どっちがいいかは本人の好みです。

レイヤーの基本

CLIP STUDIO PAINTの画面で解説します。

導入方法は「CLIP STUDIO PAINTの導入手順を画像つきで解説」という記事で、分かりやすく説明しています。

レイヤーってなに?

透明なフィルムだと思って下さい。

3枚の透明なフィルムにそれぞれ、

  • 文字
  • キャラクター
  • 背景

を、分けて描きます。

これを重ねると、どうなりますか?

1枚のイラストに見えますね。

この機能がレイヤーです。

CLIP STUDIO PAINTのレイヤーパレットは、このようになっています。

レイヤーの並び順

レイヤーは並び順が大切です。

レイヤーパレットで上にあるレイヤーが、イラストでも上に表示されます。

先ほどのイラストで、「文字」と「キャラクター」のレイヤーの順番を入れ替えてみます。

文字とキャラクターの重なり方が入れ替わりました!

レイヤーが上だと、画面でも上に表示されるよ♪

パーツを分けて描く

実際の作業では、パーツごとにレイヤーを分けます。

例:キャラクターの場合

  • ハイライト
  • 線画
  • 顔のパーツ
  • 髪の毛
  • 線画と塗りのレイヤーを分けよう
  • 重なる順を意識して、レイヤーを並べよう
  • 線画レイヤーは塗りよりも、上にしよう

線画をパーツごとに細かく分ける人もいます。

  • メリット:線の色を変えるのが楽
  • デメリット:管理がめんどくさい

分け方にルールはありません。

自分が作業しやすいように、レイヤーを分けましょう。

レイヤーを増やす、減らす

作業中はレイヤーを増やしたり、逆にいらないレイヤーを消したりします。

レイヤーを増やす時は、「新規ラスターレイヤー」をクリック。

「選択中のレイヤーの1つ上」に、新しいレイヤーが増えます。

レイヤーを消したい時は、「レイヤーを削除」をクリック。

「選択中のレイヤー」が消えます。

削除のときに毎回、確認の画面が出るのはめんどうです。

「再表示しない」にチェックを入れておきましょう。

レイヤーの名前を変える

  1. 名前を変えたいレイヤーを、ダブルクリック
  2. レイヤー名を入力して、エンターキーを押す

分かりやすいレイヤー名にしておくと、管理がラクです。

レイヤー管理の必須テクニック

実際の作業でよく使う機能を、ご紹介します。

クリッピング

レイヤー同士で「親子の関係を作る」機能です。

例えば、キャラクターの場合

  1. 髪の毛に影を塗りたい
  2. 「髪レイヤー」の上に「影レイヤー」を作る
  3. 影を塗る
  4. あれ? 影がはみ出ちゃった…

この「はみ出し」をなくすのが、クリッピングです。

「下のレイヤーでクリッピング」をクリックします。

これで親子関係が作られました。

髪の毛(親)よりも外に、影(子)が、はみ出さなくなりました!

実際は見えなくなっただけで、クリッピングを解除すると、はみ出しています。

この記事の中で、イチバン重要です!

レイヤーの結合

2つのレイヤーを、1つにまとめる機能です。

レイヤーの結合は、こんな場合に使います。

  • 分けて描いたけど、「分けなくて良かったな」という時
  • レイヤーが増えすぎたから、まとめたい時
  • データを軽くしたい時

結合したいレイヤーを選んで、「下のレイヤーに結合」をクリックします。

選んでいたレイヤーが下のレイヤーに吸収され、1つになりました。

クリッピングしていても結合できます。

レイヤーフォルダー

レイヤーが増えるとゴチャゴチャしますが、

フォルダーを使ってスッキリと整理することが出来ます。

イラストを描いていると、レイヤーパレットはこのようになります。

とても分かりにくいですね。

レイヤーフォルダーの出番です。

  1. 「新規レイヤーフォルダー」をクリックします
  2. 「クリッピングの親子ごとに」フォルダーへ移動します
  3. フォルダーに名前を付けます

フォルダ管理が出来ました。

見やすくなったので、「探す手間」と「描き間違い」を防げます。

ぜひ活用しましょう。

ワンポイント

実際の作業ではレイヤーフォルダーを先に作ります。

そうすると、新規レイヤーが自動でフォルダー内に作成されるので、移動させる手間が省けます。

レイヤーを非表示にする

作業をしていると、上にあるレイヤーが邪魔になることがあります。

その場合は、レイヤーを消さなくても、非表示にできます。

目の形をしたアイコンをクリックすると、そのレイヤーが非表示になりました。

もう1度クリックすると、アイコンが出て表示に戻ります。

不透明度を変更する

非表示だと全く見えなくなりますが、半透明にすることもできます。

「不透明度」のスライドを左右に動かすだけです。

作業を効率化したり、イラストの演出に使ったりできます。

豆知識

1番下の「用紙レイヤー」を非表示にすると、

モザイクのような画面になると思います。

これは「透明な状態だよ」というのを表しています。

まとめ:レイヤーを使って作業効率アップ!

レイヤーの分け方や、管理方法について解説しました。

  • 重なる順番に並び替えをする
  • パーツごとにレイヤーを分ける
  • クリッピングで、はみ出しを防ぐ
  • 結合とレイヤーフォルダーですっきり整理
  • 表示を切り替えて、作業しやすく

レイヤー管理は慣れです。

たくさん絵を描いて、自分が管理しやすい分け方を見つけましょう!

並び順や分け方に、ルールはありません。

自分が使いやすければオッケー♪

イラスト初心者に向けてブログを書いています。

更新はtwitterでお知らせします。ぜひフォローしてください^^