イラスト

twitterのアイコンを描こう【イラスト・バストアップ練習】

どーも、彩葉(いろは)です。
イラストレーターになってから、10年以上たちました。

イラスト初心者は何から始めるべきか【これから描き始める人へ】という記事では、

  • まずは1枚描いてみる
  • 模写をしよう
  • 1ヵ月続けてみる

と、初心者のための3ステップを書きました。

まだ描き始めていない人は、ぜひ読んでくださいね。

1ヵ月続けられた方、おめでとうございます!

多くの人は1ヵ月以内に「絵心がない」と言ってやめてしまいます。

でも最初から上手く描ける人なんていません。

いまは続けることが大事ですよ~♪

アイコン用のイラストを描こう

今回の内容です。

  • 宿題:バストアップを5枚描く
  • 目的:顔の練習
  • ゴール:twitterのアイコンを変える

キャンバスサイズは気にするな

いきなり脱線しますが重要です。

描き始める前に、これだけは守ってください。

キャンバスサイズは気にするな!

参考書をみると、「カラーは350dpi以上で描け」とか、

「用紙サイズ(A4とかB5とか)で描け」とか、言われると思いますが

マジで、どうでもいい。

理由はトリミングするからです。分かりやすく説明します。

初心者にありがちなミスですが、

  1. キャンバスを開く
  2. キャンバスサイズに合わせて絵を描く

実はこれ、手順が間違えてます。

正しい順番は下の通り↓

  1. キャンバスを開く
  2. サイズは無視して下書きする
  3. 下書きに合わせてキャンバスのサイズや角度を調整する
  4. ペン入れなど、本番作業をする

「下書きに合わせてキャンバスのサイズや角度を調整する」

これをトリミングと言います。聞いたことある人も多いですよね。

むずかしく考えなくても大丈夫。

あなたもトリミングを、やったことがあるはずです。

例えばtwitterのアイコンを変える時ですが、

  1. お気に入りの絵を持ってくる
  2. アイコンの枠にいい感じに収まるように縮小、拡大したり切り抜いたりする

ですよね? そう、これがトリミング。

ちなみに商業イラストや同人で「B5サイズで描いて下さい」と指定されている場合でも、最初からキャンバスサイズに合わせて描きません。

必ずトリミングの手順でやります。

しかもトリミングした方が、クオリティが上がるという魔法のテク♪

バストアップを練習しよう

バストアップとは頭のてっぺんから、胸の上ぐらいまでの絵のことです。

キャラクターは顔が命です!

「身体も練習した方がいいよ~」とか、「背景も描こう」とか言われるけど、それは顔が描けるようになった後の話。

顔のデッサンを放置して、先に身体の練習だ!って人はいないと思います。

たまにチェレンジするのはいいですが、やっぱりみんな、顔から練習するんですよ。

「お。ちょっと顔、描けるようになってきたんじゃね?」と思ったら、ちょっとずつ

  • 腰あたりまで描いてみる
  • ヒザぐらいまで描いてみよう
  • 手がむずかしくて隠してたけど、描いてみよう

といった具合に、全身へ広げて行きましょう。

※手と足は難しいので別記事を用意します。

バストアップを描くときのポイント

ここを意識して練習しよう!

  • とにかく顔を頑張る
  • 目の位置、大きさ、左右のバランス
  • くちの位置
  • 首の長さ、細さ。肩幅
  • 難しければひとまず首から上だけ練習

さらにステップアップしたいあなたへ

  • いろんな角度で描いてみよう

twitterのアイコンを変えよう

ツイッターのアイコンを、自分で描いた絵に変えよう!

今はどんなアイコンになってますか。

まさか初期のまま、とかじゃないですよね?

( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

せっかく絵を描いてるのに、自分のイラストにしないと損です!

フォロワー増える増えないはおいといて、絵を描いてる人なんだ~ってゆー認識はしてもらえますよ。

私はアイコンきっかけで、絵描き友達が何人か増えました。

練習したバストアップで1番うまく描けた絵を、顔だけ切り抜いて使えばいいですね♪

twitterのアイコンと、pixiv、ニコニコやYouTubeなどのアイコンなどは同じものにしましょう。

バラバラだと、違和感があって不快な心理状態になるんだって。

認知的不協和っていうらしいですよ。

「アイコン変えたよ」報告、まってまーす^^

まとめ:自分だけのアイコンを作ろう

今回のまとめ。

  • キャンバスサイズは気にしない
  • トリミングでいい感じにしよう
  • 顔が大事。バストアップの練習を
  • オリジナルアイコンで絵描きですよアピール

顔が上手く描けるとモチベーションもあがります。

バストアップをもりもり描きましょう。